このコピーはダミーですこのコピーはダミーです。

イラスト:どんぐり

空撮写真尼崎の森中央緑地(約29ha)は、「地域を育てる森づくり」を基本理念に掲げ、海に面した立地を生かし、失われた自然環境を回復・育成するとともに、大阪湾臨海部と内陸部の自然環境を結びつける結節点とし、大阪湾ベイエリアでの自然環境の広域拠点となることを目標にしています。

現在、「尼崎21世紀の森構想」のリーディングプロジェクトとして整備が進められ、平成18年5月に、一部(6.6ha)が開園しました。

これからこの森は、『地域が育てる森』から、地域の人々が自然の多くの恵みを享受する『地域を育てる森』へと成長し、臨海地域の都市の再生を先導する森となることを目指しています。

基本計画や植栽計画など、さらに詳しい情報はこちら(兵庫県・尼崎の森「尼崎の森中央緑地」)をご覧下さい。

中央緑地における植生配置

図:中央緑地における植生配置

海浜については見直し中